飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ
飛騨高山タウン情報誌月刊さるぼぼ




1リットル入びんジュースは
1本600円
(6本入3,500円・
3本入2,000円)。
缶ジュースは1本150円
(30本入4,000円・
18本2,800円・
15本入2,400円・
10本入1,500円)。
送料は別。


 

 朝市に並んだ飛騨高山りんごジュースは、市内の果樹農家のお母さんが売っている。大雪の日には枝先の雪を落とし、春先の霜除けには火を焚いて守った、大切なりんごのエッセンス。缶入りの飲料水などは一気に飲み干してしまうが、このりんごジュースだけは、ひと口ひと口味わって飲む。
  実に蜜が入って糖度の高い品種「ふじ」をメインに、酸味のあるジョナゴールドなどがブレンドされていて、コクがあるのにすっきりと甘い。
  そもそも高山市で果樹栽培が行われるようになったのは大正初期だという。戦後、りんご栽培が盛んになり、昭和60年にはオリジナルりんご「飛騨」も誕生した。
  りんごジュースは販売ルートを限定していて、高山市果実組合員の農家からの宅配と、陣屋宮川の朝市の直売など。生産者からの手渡しは品質の安全性につながり、リピート客も年々増え続けている。
  豪雪や台風などの気象災害に見舞われながらも、毎年可憐な花を咲かせるりんごの木。子どもや孫を育てるように、高山市の果樹農家が愛情を込め、手入れを重ねたりんごの味は、飛騨びとのやさしさの味。朝市のお母さんの笑顔と一緒に、ぜひどうぞ。

高山市果実組合の皆さん


【問い合わせ】
高山市果実組合員、
道脇果樹園 0577-33-7008・ 狭場果樹園 0577-33-7020・ 飯山果樹園 0577-35-2283・ 桐谷果樹園 0577-34-0059
松山果樹園 0577-33-5244・ 藤兵衛果樹園 0577-33-5221・ 岩林果樹園 0577-34-9221・ 井口果樹園 0577-33-8792
中野果樹園 0577-33-6335・ 安土果樹園 0577-34-7883・ 大林果樹園 0577-68-2618・ 小絲果樹園 0577-33-9636
JAひだ大八支店 0577-36-0417・ 島ノ上果樹園 0577-32-3396・ 島崎果樹園 0577-33-6390
丸山果樹園 0577-33-6396・ 新井果樹園 0577-33-6402・ 砂原果樹園 0577-33-1931・ こうのす果樹園 0577-33-0674
山本果樹園 0577-33-0154・ 嶋田果樹園 0577-32-4736・ 長瀬果樹園 0577-32-4834・ 藤井果樹園 0577-32-4835
ヤマコ果樹園 0577-33-7784・ 小笠原果樹園 0577-33-9497・ 美空野ファーム 0577-32-4922
成田果樹園 0577-33-6180・ 祐成果樹園 0577-33-6479・ 樋口果樹園 0577-32-3386・ 中坪果樹園 0577-32-3931
諏訪果樹園 0577-32-5936・ 桂川果樹園 0577-32-4789・ 森下果樹園 0577-33-8077・ 塚中果樹園 0577-33-8071
大溝果樹園 0577-33-8022・ 中田果樹園 0577-33-6077・ 山本果樹園 0577-33-9558 各果樹園へ
陣屋前朝市、宮川朝市にて直売
地方発送受付、送料は別

COPYRIGHT(C) SARUBOBO CLUB 2003 ALLRIGHT RESERVED